【市川優希】1st Single CD『愛の奴隷』

市川優希 1st Single 『愛の奴隷』

収録曲
1.愛の奴隷
2.このまま
3.飛行機雲(Live Ver.) -STUDIO LEMONADE-


【すたっふレビュー】

大切なことは3回言います。

ある日。愛の奴隷が出来て、
「すげーいい曲だから、売れないけどシングルにしよう。だってポップじゃないもんねぇ」と作品化に踏み切りました。
とにかく、名盤です。

[愛の奴隷]
市川優希とすたっふで、
「これはターニングポイントだよな!!これ書けたから売れるわ!!絶対いける!!1年後には億万長者だな!!!!」
と言っていた曲。
おかげで現在は、ほぼ億万長者です。

初のシングルで、右も左もわからぬまま、
アレンジや打ち込み、レコーディング。
必死に取り組みました。
普段ふざけてしまう分、すごく真面目にやりました。
気を抜くと
「おっぱい」
と口にだしそうな中、作り上げました。
そんな真摯さの伝わる一曲ではないかと思います。
また、表現したくても二度とできないであろう熱量、温度感がある音源だと思います。

[このまま]

「こっちがシングルじゃないんですか?」
「愛の奴隷より好きです」
と、ファンの間では愛の奴隷よりもメジャーな感じになってしまったので、
CD説明では、
「このまま」収録されています!名盤です!
と愛の奴隷が追いやられる結果になってしまいます。
失恋ソングとして生み出したのに、
ライブでば”みんなで歌える曲”として根強い人気があり、
みんながどんな気持ちでノリノリで歌っているのか、
僕は本当に心配です。

市川ファンなりたての人は、
この曲を覚えて会場に行くと、
「へぇ、やるじゃん」
とコアなファンからコアな扱いをしてもらえること間違いなし。
誰も立ち止まってくれなかった路上ライブから応援していたすたっふは、
ライブ会場でサビの、
「あーあ」
をたくさんのファンが一緒に歌っている姿を見た時、
少しだけ泣きました。

「あーあ」の部分は僕が作ったので、
その喜びの涙かもしれませんが。(すごい!天才!好き!)
ほら、愛の奴隷より長く書いてしまいました。あーあ。

[飛行機雲Live Ver.]
今でこそ、
「レモネードおじさん」
と言う異名を持つ市川優希ですが、
以前は、
「飛行機雲の人」でした。
本格的な音楽活動を始め、
1番最初に作ったミニアルバム『Contrail』のリードトラックだった、
その名曲のライブ版を収録しました。
有難いことに『Contorail』は完売し、
[飛行機雲]が収録されているのはこのCDだけになりました。
不思議なもので、楽曲は日々変化します。
アーティストも楽曲も成長するので、
これを作った当時の市川優希が何を思って、
どんな風に歌っていたのか、それがわかる一曲です。

誰が1番成長したって、それは僕でしょけどね。

・おまけ
なんだかんだで売れてるので、在庫もそんなにありません!

・おまけのおまけ
市川に、レビューまでディレクションされています。
少し窮屈ですが、左手は添えるだけです。
あ、名盤です。(無理やり3回言いました)

・総括
というか「おっぱい」は口にだしていたようです。

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。